子供と触れ合う人気の仕事|しっかり勉強で行政書士の資格をゲット|通信講座でも取得可能

しっかり勉強で行政書士の資格をゲット|通信講座でも取得可能

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

子供と触れ合う人気の仕事

住宅

ニーズはさらに拡大中

待機児童問題に象徴されるように、わが国の保育ニーズは非常な高まりを見せています。国・自治体・産業界もこの事態に対処すべく、小規模保育事業制度の創設、企業内保育の普及など、さまざまな対策に乗り出しています。こうした事態を受け、保育に関わる人材、すなわち保育士の需要は年々増加しています。保育士以外でも保育業務に携わることは可能ですが、国家資格を持つ専門職として、そのスキルは社会全体において高く評価されています。保育士の仕事にはさまざまな形でのアプローチが可能です。新卒者がそのまま職に就くこともできれば、子育てを終えた人が自らの経験を生かすこともできます。またベビーシッターなど、特定の施設に所属せずにそのスキルを生かす途もあります。

資格取得の方法は2つ

保育士の資格を取得する方法は2つあります。1つは高校卒業後に国の指定する養成学校に入学し、必要な単位を修めることです。この場合は卒業と同時に資格取得となります。養成学校には大学・2年制の短大・2〜3年制の専門学校などがあります。夜間部や通信教育部を設けている学校もあるので、働きながらでも学ぶことができます。もう1つの方法は、毎年実施される保育士試験を受験し、合格することです。受験資格は短大卒以上か保育系の専門学校を卒業、もしくは大学に2年以上在学して所定の単位を履修していれば得られます。合格率は毎年10パーセント程度とかなりの難関である点には注意が必要ですが、受験対策講座を開講している専門学校もかなりの数に上ります。